神社挙式後10人で会食の結婚式、当日のスケジュールや流れが知りたい!
【少人数結婚式事典】神前結婚式のタイムテーブル!


少人数結婚辞典

timetable

神社挙式+会食のタイムテーブル

大人の女性を中心に、若い方にも人気の和婚。ふたりのウェディングでも神社や旅館など、伝統的な神前式ができる式場が人気です。さらに人気があるのが、少人数での会食がついたプラン。ここでは10人での会食例をご紹介いたします。ふたりのウェディングをご利用のカップルの場合、お問い合わせの約3割が10人での会食をご希望されています。ご両親やご兄弟姉妹など、お身内のみの少人数結婚式を考えているカップルが多いようです。

参考式場:新宿 十二社熊野神社

参考プラン
プランタイプ挙式+会食
挙式スタイル神前式
参加人数10名
所要時間約6時間
参考料金約14万~

神社挙式+会食の流れ

  • 支度
  • 挙式
  • 移動
  • 会食

支度

  1. 9:00

    ※「神社挙式」と同じ内容です。

挙式(神前式)

  1. 12:00

    ※「神社挙式」と同じ内容です。

  2. 12:40
    退場・記念撮影

    退場後、本殿の前などで集合写真を撮ります。

移動

  1. 12:50
    ゲスト着席

    ゲストは会食会場に移動し、ウェルカムドリンクを飲みながら新郎新婦の登場を待ちます。
    新郎新婦はいったん控室に帰り、待機します。

    • ※会食会場が式場の中にあって衣装のまま会食できる場合と、提携レストランなどの時は衣装で向かえない場合があります。色打掛などに着替える場合は、退場後1時間ほどしてから会食スタートとなります。
ページトップへ

会食

  1. 13:00
    開宴の辞

    10人くらいというと、お身内だけの少人数会食になるかと思います。ゲストのどなたかに司会をお願いしてアットホームな会にするのも楽しいでしょう。

  2. 新郎新婦入場

    少人数の場合は改めて入場などせずに、全員が着席した状態ではじめても。

  3. プロフィール紹介

    新郎新婦はもちろん、親族全員の紹介をしてもよいでしょう。一言ずついただくと、よりアットホームな印象に。

  4. 鏡開き

    和婚では、ケーキ入刀のかわりに鏡開きの演出が人気です。乾杯前に鏡開きを行い、樽酒のお酒で乾杯します。新郎新婦で鏡を開くのもいいですが、ゲストと一緒というのもいい記念になります。

  5. 乾杯

    鏡開きの樽酒で乾杯します。ゲストの中で一番年配の男性や上司などにお願いすることが多い乾杯の音頭ですが、10人程度の少人数結婚式の場合、ご兄弟や花嫁さんのお父様などどなたがやってもよく、とくに決まりはありません。

  6. お食事スタート

    美味しいお食事に舌鼓をうちながらの歓談タイム。

  7. 歓談・余興・スピーチなど

    花婿側、花嫁側のゲストからそれぞれスピーチをしていただきます。余興も含め、30分程度の時間があります。親族だけでお食事会の場合は、両家の親睦を深めるということが目的となるので、会話とお食事を楽しむだけというケースもよくあります。小さいころの家族アルバムなどを持参しておくと、場が和むでしょう。

  8. 花嫁の手紙

    新婦からご両親に感謝の想いをつづったお手紙を読み上げます。感謝の気持ちを伝える機会というのは結婚式以外ではなかなかないようで、やってよかったという声の多い演出です。

  9. 記念品贈呈

    新郎新婦お互いのご両親に記念品を贈呈します。花束が一般的ですが、お二人が生まれたときの体重と同じ重さのウェイトドールも人気のある記念品です。

  10. 新郎謝辞

    新郎が代表して、ゲストへの感謝と新生活に向けてのふたりの決意を述べ、閉宴となります。晴れの日の最後を飾るので、堂々と簡潔に締めくくって。

  11. 15:00
    送賓

    プチギフトを準備している場合は、一人一人に渡しつつご出席いただいた感謝を伝え、お見送りします。

  12. お開き
式場やプランよっては、オプション料金が発生するものや対応不可の演出があります。また、時間の配分が異なったり、順序が入れ替わる場合もありますので、式場とのご相談の際はよくご確認ください。
ページトップへ